酪農ヘルパーが、ちょうどいい

南十勝酪農ヘルパーについて

十勝南部にある大樹町は、数多くの航空宇宙関連実験が行われており、「ロケットの町」として近年注目を集めています。西に日高山脈、東に太平洋を望む場所にあり、北海道らしい雄大な景色が広がっています。私たち南十勝酪農ヘルパー有限事業組合は、大樹町を拠点に広尾町や幕別町忠類にある約200軒の酪農家さんからの用命を受け酪農作業のサポートをしています。十勝が酪農王国であり続けられるように、酪農家さんを支えるチームでありたいと思っています。

酪農ヘルパーの働き方

酪農家さんがお休みを取りたい時や、冠婚葬祭や旅行などのイベントの時…そんな時が、私たち酪農ヘルパーの出番。搾乳の時間に合わせ、1日2回牧場へ行きます。派遣先となる牧場は、「作業日程表(シフト)」で確認します。いつも同じ牧場ではないからこその新鮮さ、特定の牧場との雇用ではないことの距離感と大切な牛を預かる責任感、そして様々な理由で困っている酪農家をサポートする達成感…。酪農ヘルパーだけが味わえる醍醐味がここにあります。

仲間たち

ここでは17名の仲間が働いています(2020年9月現在)。平均年齢は22歳と若め!出身は北海道道内と道外がちょうど半分ほどずつです。プライベートでは自分の時間や趣味を大切にしていて、釣りが好きな人、筋トレに励む人、ゲームが好きな人、お酒が好きな人、パン作りが好きな人など…それぞれ個性的です。年に1度、行き先別で2グループに分かれての社員旅行を行っているほか、インターンシップ生などが来た時はBBQや親睦会を開催したり、みんなで楽しむことも、もちろんあります!

お知らせ

お問い合わせ